住めば都

中部地方

愛知県春日井市に20年住んで感じる、住みやすさ・住みにくさ

投稿日:

愛知県春日井市に20年住んで感じる、住みやすさ・住みにくさ
愛知県春日井市に20年ほど住んでいます。
春日井市は愛知県庁所在地である名古屋市に隣接しており、愛知県の北西部に位置しています。

スポンサーリンク

治安について

私が住んでいるところは数多くのニュータウンがある場所で、様々な年代の方が住んでいる地域です。
主な商業施設の側には交番、消防署、地域センター、また病院などの施設があるところが多く、もし事故や事件などがあってもすぐに対応して頂けることが多いように思えます。

ひとつ問題を上げるとすれば、様々な年代が住んでいる故のトラブルが発生しやすいことです。例えば素行が悪そうな見た目の学生に年配の方が口を出したり、逆にマナーの悪い年配の方に若い方が注意して喧嘩になったり。そういった時に交番の方が出向いて対応しているのを見かけることがあります。

また外国人の方も多いので、言葉や生活環境の違いなどがきっかけでトラブルとなってしまう時もあるようです。

春日井市が住みやすいと思うところ

交通の便がいい

名古屋市のベッドタウンなので、名古屋や栄などの繁華街へは行きやすいです。市内のJR駅でしたら、乗り換えなしで名古屋駅まで行けます。

またJR高蔵寺駅では愛知環状鉄道への乗り換えが可能で、そこからリニモに直接繋がっていくので瀬戸方面や、モリコロパーク(愛・地球博記念公園)のある長久手方面、岡崎方面にも行くことが出来ます。

名古屋のベッドタウン

1でも書きましたが、名古屋市のベッドタウンであることはひとつの利点です。
私は名古屋駅の近辺で仕事をしていますが、通勤が1時間以内で済むので、楽に通うことが出来ています。

賃貸マンションに住んでいますが家賃も6万円程度で、名古屋駅周辺に比べると安いので、家計を圧迫することもなく助かっています。

大きな公園がある

自然が多く、整備された大きな公園があることです。

春日井市東野町には落合公園という公園があり、噴水などの綺麗な水場もあり、自然豊かで休日に散歩気分で行くには気持の良い場所です。夏には市の納涼花火大会の会場にもなる広い公園です。

また春日井市細野町には都市緑化植物園グリーンピア春日井があり、ここは植物園内に公園があり、動物ふれあい広場ではポニーやひつじなどと触れ合って遊ぶことが出来ます。

病院が充実している

医療施設が充実しているように感じます。春日井駅からバスで少し行ったところには春日井市民病院が、高蔵寺駅には徒歩圏内で徳洲会という総合病院があるので、夜間救急などにも対応していただけます。

また街中にも耳鼻科や眼科、歯医者など生活に困らない数の病院があって、とても助かります。

子育てしやすい

保育所や幼稚園の数が合わせれば200ほどあるので、子どもを入園させるのに困らないことです。実際私も幼稚園に子どもを預けることになりましたが、待機児童とはならずに入れることが出来ました。

この幼稚園は広いホールや運動場、温水プールのみの別館があったりと、子どもが悠々と過ごすことが出来てよかったと思います。送迎バスもあったので、わざわざ送り迎えをしなくて良い点が助かりました。

春日井市が住みにくいと感じるところ

バス代がかかる

バス運賃が高いことです。市役所や市民病院などへのアクセスは車かバスが主流になるのですが、春日井は市バスではなく名鉄などの私鉄バスが主流なので、名古屋市に比べて運賃が高めに感じます。

渋滞にハマりやすい

理由1と被るかもしれませんが、都市部へ行こうとすると交通量が増えるので、渋滞になりやすいことです。
休日や通勤時間帯などは特に混みやすく、運転の荒い方もいるので注意が必要です。

遊ぶ場所が少ない

遊ぶ場所や観光名所が少ないことです。リトルワールドや明治村などあるにはあるのですが、アクセスがいまいちなので、やはり車が要ります。

中規模の商業施設などは数多くあるので、普段「ちょっとだけ出かけようか?」くらいなら行く場所はたくさんあるのですが、本格的に遊びに行こうとすると少し大変です。

工場が多くて空気が悪い

工場地帯付近の空気感は少し気になります。
春日井には王子製紙を始め様々な工場があるので、その付近に行くとどうしても空気が澱んでいるように感じるところもあります。

また雰囲気という意味での空気感ですと、工場勤務の外国人の方が多くいらっしゃるので、別に何かされるわけではないのですが聞いたことのない言葉が急に大きな声で聞こえてきたりするのでびっくりすることがあります。

春日井市の住心地まとめ

春日井市は都会過ぎず田舎過ぎないというのが良いところではあるのですが、それは同時に悪いところでもあります。いろいろなところが中途半端になりがちなのです。
都心部へ出て行く為の電車はあるけど、春日井市内を移動するには車が必要だったり。

普段の買い物をするなら春日井市内で足りるけど、大きな買い物や特別な買い物などには名古屋や栄など都心部へ出て行かなければいけなかったり。

春日井市はあくまでも名古屋市のベッドタウン。そう考えるととても住みやすい土地であるとは思います。主役ではなく、サポート役といったところでしょうか。
都会部と違ってなんでも便利とはいきませんが、のんびり暮らすには春日井はぴったりだと思います。

少しでも安く引っ越したいなら引越し業者の一括見積り比較!

以前、引越し業者の一括見積もり比較をを使った結果、大幅に安く引っ越しできました!

私の使ったのは、全国約200社から最大10社の比較を行える引越し侍ですが実績もピカイチで安心して利用できる比較サイトでした。

アリさんマーク、サカイ、ヤマト、ハート、アート、日通などの大手を比較することが可能です。

数分でかんたんに比較出来るのもおすすめなポイントです。

少しでも安く引っ越したいなら一括見積もりは必須です!

-中部地方

Copyright© 住めば都 , 2019 AllRights Reserved.