住めば都

九州地方

大分県大分市の住みやすいところと住みにくいと感じるところ

投稿日:

大分県大分市の住みやすいところと住みにくいと感じるところ
住民歴35年になる私の住んでいる街、大分県大分市の住みやすいと感じるところと住みにくいと感じるところをご紹介します。

スポンサーリンク

治安について

大分市は、東部地区、西部地区、南部地区、中央地区に分けて語られることが多いです。

まず、私の住む中央地区は街中のため、不審者情報が多く届きます。
子どもへの声掛け事案も多いためか、パトカーの巡回を見かけることも多いです。
老人も多く住むため、昨今のオレオレ詐欺の被害者も多いようです。

他の地域は、東部地区は利便性が良いが住人の層が良くない、南部地区は便利だが比較的落ち着いている、西部地区は文教地区エリアで比較的裕福な層が多いというイメージです。

大分県大分市の住みやすいところ

大分県内では一番の中心地になるため、買い物には困らない

中心部には最近開業したされた大分駅ビルがあり、若い人向けのショップが出来ています。

また、昔からあるトキワデパートで贈答品やデパ地下の利用もできます。

西部地区には、ワサダタウンというショッピングモールがあり、無料駐車場完備で映画館、飲食店街、入手しやすい価格帯の服飾店、持ち帰り飲食、大きなスーパーマーケットがあります。

東部地区には、パークプレイスという大規模ショッピングモールがあり週末ごとにイベントが開催されて子連れには楽しいです。

飲食店は都市部に比べると安くておいしい

海に面するため、特に海産物は新鮮でおいしいと感じます。
地元の回転ずしなどは、回転ずしとは思えないクオリティで、回転しないすし屋に行かなくなりました。

再開発で駅周辺が住みやすくなっている

週末ごとにイベントが開催され住んでいて楽しいです。

気候がよい

九州ですが夏の最高気温が関東と比べても高いという感じはありません。
冬はほとんど雪が降ることもなく、ここ10年くらいは台風もそれることが多く大きな被害は少ないです。

温泉がたくさんある

由布院や別府温泉を始めとして多数の温泉地がありますので温泉好きには良い環境なのではないでしょうか?

大分市が住みにくいと思うところ

電車が整備されていない

大分市では電車で移動するという概念があまりなく、通勤に電車を使う人は少ないです。
バスもしくは自家用車で中心部まで来る人が多いため、電車に慣れている人にとっては時間がずれることがあるバス通勤は不愉快に感じるかもしれません。

県外の大都市まで遠い

九州最大都市、福岡まで2時間半かかるため、大都市で買い物したいときには日帰り旅行の気分で行くことになります。
佐賀などは、田舎でもすぐに福岡に出られるため比較すると住みにくいです。

道路が狭いところがある

住宅街によっては旧道と呼ばれる狭い道しかないので、運転の苦手な人はさけたほうが良いです。

空港が遠い

空港は大分県国東市にしかないので、大分市から高速で一時間半かかります。
気軽な旅行や帰省が出来ず不便に感じます。

住みやすさ、住みにくさのまとめ

大分市は、東部地区、西部地区、南部地区、中央地区に分けて語られることが多いですがそれぞれ特徴があります。

中央地区は市街地のため便利で街並みはきれいで、再開発が現在進行中のためこれからの発展も楽しみです。
最近開業したされた大分駅ビルでには、飲食店街、若い人向けのファストファッション店舗、子供向けの洋服店、紀伊国屋書店、ゲームセンター、シネマコンプレックス、屋上の遊具があり休日は親子で一日楽しめる施設です。

また、近隣の昔からあるトキワデパートで贈答品やデパ地下の利用もでき便利です。
今夏には、OPAの開業も予定されています。

西部地区には、ワサダタウンというショッピングモールがあり、無料駐車場完備で映画館、飲食店街、入手しやすい価格帯の服飾店、持ち帰り飲食、大きなスーパーマーケットがあります。

東部地区には、パークプレイスという大規模ショッピングモールがあり週末ごとにイベントが開催されて子連れには楽しいです。
海に面するため、特に海産物は新鮮でおいしいと感じます。
地元の回転ずしなどは、回転ずしとは思えないクオリティで、回転しないすし屋に行かなくなりました。

九州ですが夏の最高気温が関東と比べても高いという感じはありません。
冬はほとんど雪が降ることもなく、ここ10年くらいは台風もそれることが多く大きな被害は少ないです。

先日の熊本地震でも最大震度5程度で、それまでは地震も少なかったです。

東南海地震の際の津波の予想も中心部が少しつかる程度で、四国などに比べると大きな被害にはならないと予想されます。

大分ならではの観光としては、簡単に温泉が掘れるので市内各地にある銭湯は源泉かけ流しのものが多いです。

住みにくさとしては、大分市では電車で移動するという概念があまりなく、通勤に電車を使う人は少ないです。
バスもしくは自家用車で中心部まで来る人が多いため、電車に慣れている人にとっては時間がずれることがあるバス通勤は不愉快に感じるかもしれません。

また、県外の大都九州最大都市、福岡まで2時間半かかるため、大都市で買い物したいときには日帰り旅行の気分で行くことになります。
佐賀などは、田舎でもすぐに福岡に出られるため比較すると住みにくいです。

道路事情としては、住宅街によっては旧道と呼ばれる狭い道しかないので、運転の苦手な人は良く調べてから住んだほうが良いと思います。
さらに、空港は大分県国東市にしかないので、大分市から高速で一時間半かかります。
気軽な旅行や帰省が出来ず不便に感じます。

\SNSでシェアしてね/

少しでも安く引っ越したいなら引越し業者の一括見積り比較!

以前、引越し業者の一括見積もり比較をを使った結果、大幅に安く引っ越しできました!

私の使ったのは、全国約200社から最大10社の比較を行える引越し侍ですが実績もピカイチで安心して利用できる比較サイトでした。

アリさんマーク、サカイ、ヤマト、ハート、アート、日通などの大手を比較することが可能です。

数分でかんたんに比較出来るのもおすすめなポイントです。

少しでも安く引っ越したいなら一括見積もりは必須です!

-九州地方

Copyright© 住めば都 , 2021 AllRights Reserved.