住めば都

関東地方

東京都目黒区に住んで感じるメリット・デメリット

更新日:

東京都目黒区の住みやすさと住みにくさについて

東京都目黒区と言えば都心に近い区で住みたい街ランキングで常に上位にいることでも有名な区です。
参考目黒区役所ホームページ

「さんま」でも有名な目黒区について紹介していきます。

スポンサーリンク


目黒区自由が丘周辺の住み心地について

東京都目黒区自由が丘周辺に、住んで1年半になります。
歩いて自由が丘駅、九品仏駅ともに徒歩7分程度の辺りです。

自由が丘駅付近の治安について

治安はとてもいいです。

印象的にファミリー層が多いかと思いきや、一人暮らしの学生さんやサラリーマンも多くいらっしゃいます。

平日の昼間はお買い物やランチをする奥様がとても多く見受けられ、夜は会社帰りのOLやサラリーマンで駅周辺は混雑しているのですが、近くに学校もあるためにタピオカを飲みながら広場で楽しそうに話している女子高生もとても多いです。

街灯も多く緑道もあるので犬の散歩をする人など、結構夜遅くまで出歩く人で賑わっています。

目黒区自由が丘の住みやすさ、メリットについて

・緑がある

世田谷区と目黒区の区境となる九品仏川緑道が駅から通っています。
春には桜がたくさん咲いて、花見客で大変賑わいます。

また、どの家もお庭が整備されていて四季折々の花々が咲き誇り、本当に美しいです。

おしゃれなお店も緑がかかさず植わっているので本当に緑の多い街という印象があります。

・お店が多い

とにかくおしゃれで洗練されたお店が多いです。

洋服屋から雑貨屋、カフェ等もメディアではたくさん取り上げられていますが、昔からある定食屋さんや焼肉屋さんも数多くあります。

タピオカブームの時はすごいスピードでタピオカ屋さんが増えました。

スイーツ系のお店も他の街に比べると数多くあります。流行に敏感な街であると言えるのではないでしょうか。

・店員も客層も感じがいい

これは住んでいて1番感じました。

コンビニの店員さんでもレストランの店員さんでも、皆さん本当に真摯に仕事に取り組まれていてどこもとても居心地がいいです。

こちらも思わず挨拶や感謝の気持ちを述べたくなるくらい、素晴らしい対応をしてくださいます。

・都心までのアクセスがしやすい

自由が丘駅には大井町線と東横線(副都心線)と、2つのラインが通っています。

都心に出るにも、横浜方面や埼玉方面に出るにも大変便利です。

また近くの駅では日比谷線や多摩川線、三田線なども通っていますので、どこに出かけるにも苦労しません。

・イベントごとが多い

毎週末のようにイベントが開催されています。

昔からのイベント事もあれば、ライブイベントや新しい行事にも積極的に取り組んでいます。街に活気がある証拠だと思います。

住みにくいところ・デメリット

・土日の駅周辺の混雑がすごい

家族連れが多く住んでいますが土日は若い女性が数多く自由が丘駅に遊びに来るようです。

そのため駅回りは大変混雑します。どの店に入ろうにもどこも混んでいるので遅めのランチだと入れないことが多いです。

雑貨屋も混雑しているのであまりゆっくり見られませんし、テイクアウト店も行列がすごいです。

駅前はベンチがありますが他に公園といえる場所もあまり無いので食べ歩き、飲み歩くしか方法がないのだとは思いますが。

・店の入れ替えが激しい

家賃相場が高いからでしょうか、店の入れ替えもとても多いです。

店が潰れてもまたすぐ他の店が入りますが、せっかくお気に入りの店を見つけても気づいたらなくなっていた、なんてことも多くありました。

・交通量が多い、一方通行が多い

東京なので仕方ないですが車での一方通行に少し不便を感じます。

車で出かけられるファミリーが多いからか交通量も多く、またタクシーの使用頻度も他の街に比べると圧倒的に多いと感じています。

狭い道だと歩きにくかったり、車も通りにくかったり遠回りしたりと、何かと車移動では不便な街だと思います。

・物価や家賃が高い

スーパーで売られている野菜や肉、魚がとても高いです。そして量が少なく、味もあまりおいしいと感じません。

別の駅のスーパーなどを利用しています。家賃もかなり高めなので、それもあり店の入れ替えが激しいのだとは思います。

・駅の裏側は少し汚い、暗い

正面口はとても整備されていますが反対側は結構ゴミが散乱しています。

踏切も多いですが、踏切付近も結構汚い通りが多いです。飲み屋やパチンコ屋、ラーメン屋なども駅の裏側は多いです。

通りによっては、夜になるととても暗い道もあったりします。

最後に住みやすさ、住みにくさのまとめ

まず自由が丘駅に降り立って思うことは、正面口の整備された空間です。

タクシー乗り場やバスロータリー、イベント事を行うための広場にはベンチがたくさんあり、温かい時期は夜遅くまでそこで各々過ごしています。

おしゃれなカフェや雑貨屋さん等の多くはこちらにあります。

対して反対方面となる南口方面や北口は少し雰囲気が変わります。

狭い小道にはパチンコ屋や飲み屋などが連なっていてゴミも落ちています。

道が狭いので一方通行が多かったり、土日は駅の周りが大変混雑したりと住民にとしてはあまり駅付近には近づきたくありません。

しかしそのように店が賑わっていたり、週末ごとにイベント行事が多かったりと、地域の昔からの繋がりも根付いている印象です。

とにかく店員さんも客層も人柄がとても良く、店に入って嫌な思いをしたことは一切ありません。緑も多くてとても平和な街です。

スポンサーリンク

目黒区が住みやすいと感じる理由

1.四季を感じる

目黒区は春になると川沿いの桜が美しく咲き乱れ、夏になると新緑が眩しく輝いています。

目黒区は、都心部のわりに、緑や景観を大切にしているので都会にいてもホッとする場所です。

春は並木、夏には駅前でお祭り、秋には目黒のさんま祭り・酉の市、冬にはイルミネーションなども行っています子供いる家庭や独身でもゆっくり楽しめる街です。

2.健康志向が高い

目黒川沿は、ランニングやウォーキングスポットで大変有名です。

緑の中を走り抜けるのはとても爽快です。

健康志向が高い人にはとても気持ちがいい場所です。

川沿いといっても、飲食店やナイキなどのスポーツショップなども並んでいて、寄り道したりして楽しむ事ができます。

3.区の育児に対する手厚いサポート

目黒区では、妊娠期から出産・子育て期にわたって安心して子育てができるよう切れ目のない支援をめざしています。

  • 妊婦健康診断費用助成
  • 助産師さんなどが自宅に訪問しサポート
  • 子ども医療費助成
  • 養育医療(未熟児)の助成
  • 認可外保育施設の保育料補助
  • 私立幼稚園保育料などの補助

なども積極的に行っています。

4.アクセスが良い

目黒駅からは、JR山手線、東急目黒線、南北線、都営三田線が通っているので銀座・六本木・西麻布・渋谷・品川 どこに行くにも移動には困りません

目黒駅近くには、首都高速目黒線の入り口もあるので、車で出かけたり遠出したりするのにとても便利です。距離があるように感じますが、高速で六本木に夕方移動しても5分ほどでつきます。

5.店が多くてショッピングがしやすい

目黒駅周辺には、ニトリや、無印、ユニクなどの生活雑貨のお店はもちろん、コンビニや、スーパー・ドラッグストアなども多数あります。

若者に人気なファストフードや、コーヒーショップ、様々な国の料理などをだす飲食店などがあります。

大人な隠れ家レストランなども多数あるので、デートにもいいでしょう。

老若男女問わず、生活しやすく買い物に困る事がなくスムーズに買い物して自宅に帰る事ができます。

住みにくい理由5つ

1.坂が多い

私が住んでいたところは駅から離れていて坂の下だったので、徒歩での上り下りが結構大変でした。

夏の残暑が強い日だと、仕事前に汗だくになってしまったりします。

坂も急なものも多く、息切れしたりします。具合が悪い時は最悪でした。また狭い路地や、裏道の坂などは、街灯が少なかったりして仕事の帰りが遅いと暗闇の下り坂は大変怖いです。

夜の女性の一人歩きは避けた方がいいとおもいます。

土地柄坂が多いので、目黒区のママさん達は皆さん電動自転車などで移動しています。

2.週末は騒がしい

飲食店がとにかく多く、多国籍です。街を行き行き交う人も外国人の方が多いのです。

どうしても週末は深夜まで若干賑わしい雰囲気になり、落ち着きがない部分があります。酔っぱらいの類も多いので、女性に人気のエリアではありますが、夜の一人歩きなどには気を抜けないなと感じる時もありす。

3.飲食店の激戦区

お気に入りの飲食店があっても入れ替わりも激しく、いつの間にかなくなってしまうのも悩みです。

ファミリー層が多いのもあり、レストランなどを利用する人が少ないのも理由の一つなんだとおもいます。

また、比較的に料金が高めに設定されているので、お財布には優しくありません。

駅前周辺の道路はお世辞にも綺麗とはいえず、マナーの悪い飲食店の生ゴミなどがカラスに荒らされ散乱していることがありニオイなども気になります。

4.物価の高さ

毎日の食材の買い物には少し困ります。
駅前にスーパーは四件ほどありますが、他の地域に比べるとやや物価が高いです。

安さを求めて少し離れたスーパーだと、野菜の鮮度、肉の色味などはかなり落ちます。

碑文谷の方にダイエーや、オオゼキなどの駐車場もあるスーパーもありますが、週末には恐ろしいくらい混んでいるので大変疲れます。

もっとリーズナブルな価格帯の、スーパーがあるとうれしいです。

また、家賃も目黒駅周辺から離れていても、ワンルームでも10万円を超えるのが普通です。
お金を持っていないと住めないと思います。
学生さんにはあまり向いていないでしょう

5.子育てには向いていない

目黒区は待機児童が多く、認可の保育園に入るには凄まじく高い倍率です。

新しく保育園も開園していますが、マンション建設ラッシュでもあり、住む人が多くなっているので小さいお子さんを育てるにはとても住みにくい場所だと思います。

公立の保育施設が少ないため、保育料の負担は大きくなります。

主要道路が広く、場所柄、車の往来が多くてスピードを出す車に危険を感じることが多々ありました。

目黒区に住んでみた感想まとめ

住みたい街ランキングでは、常に上位に君臨はしていますが正直ある程度生活に余裕がある独身時代を満喫するにはとても良いと思います。

ですが坂が多く、階段が多いなど、子連れで生活をするには不向きな街だと感じます。

住みたい街ランキングには入っても、住み続けたいとは正直おもいません。
家族ができたら車を持つか、もう少し落ち着いた公園が多い世田谷などのがいいとおもいます。

\SNSでシェアしてね/

少しでも安く引っ越したいなら引越し業者の一括見積り比較!

以前、引越し業者の一括見積もり比較をを使った結果、大幅に安く引っ越しできました!

私の使ったのは、全国約200社から最大10社の比較を行える引越し侍ですが実績もピカイチで安心して利用できる比較サイトでした。

アリさんマーク、サカイ、ヤマト、ハート、アート、日通などの大手を比較することが可能です。

数分でかんたんに比較出来るのもおすすめなポイントです。

少しでも安く引っ越したいなら一括見積もりは必須です!

-関東地方

Copyright© 住めば都 , 2019 AllRights Reserved.