住めば都

関東地方

【体験談】千葉県市川市の住みやすさと住みづらさ

更新日:


私の住む東京のすぐ隣の千葉県市川市についてご紹介します。


スポンサーリンク

市川市のここが住みやすいというポイント


イメージ

まずは市川市の住みやすいと思えるポイントについて紹介していきます。

市川市の魅力①交通アクセス良し

市川市内を走っている電車は、総武線、総武線快速、武蔵野線、京葉線、京成本線、北総鉄道、東京メトロ東西線 と数多くの路線が走っており交通の便が良い。都内にもすぐ出ることが出来るので都内での仕事や買い物にも便利です。

市川市の魅力②子供医療費助成制度

市川市では子供の医療費は中学生修了まで入院・通院300円。調剤は無料(容器代50円)と安心してお医者様にかかれる環境が整っています。

少し不安な事があっても、ちょっとしたことで高額の医療費を払うのはためらってしまい病院へ足が向かない事もあるかもしれません。

しかしはじめから300円と分かっているため私は不安な事があればすぐ病院へ行かせてもらっています。

幼稚園や学校に入ると余計に風邪など引きやすくなるので、中学校修了までのこの制度は本当にありがたいですね。

市川市の魅力③夏は梨!

夏が近づくと美味しくなるのが『』です。

国道464号線には梨の直営店が多くあり、価格も1袋500円~1000円程度で購入できます。

幸水・豊水・新高・あきづき等、数種類あるので味の違いも楽しめます。水分補給が大切な夏に、梨で水分補給をするのもオツ♬

市川市の魅力④ショッピングモールが近い

市内には映画館やレストランもある『ニッケ コルトンプラザ』もありますし、市街となりますが幕張のアウトレットモールや最大級のイオンモール、南船橋には『ららぽーとTOKYO-BAY』もあり、近くに楽しくショッピング出来る施設が豊富。

どこも近いので、コルトンになかったものをららぽーとで探す等、日を改めずにお買い物できるので便利です。

市川市の魅力⑤閑静な住宅街も多い

ほぼ東京という近さなのに東京都内とは土地の価格が魅力的。閑静な住宅街が多い

私はこれまで転々と引っ越しを繰り返してきたがご近所さんと仲良くなり挨拶を交わしたりお互いに食品や日用品などおすそ分けをしているのはこの市川市が初めて。

犬の散歩をしていてもほとんどのすれ違う人が声をかけてくれます。人々が温かい町だと思います。

市川市のここが住みにくい

坂道イメージ
住みやすいところもあれば不満なところもあるものなので市川市の住みにくいと思う点も紹介しておきます。

市川市の住みにくい点①坂が多い

坂がとにかく多い。上がったり下がったりが多く自転車やベビーカーには不向きな道が多い。

なのでバスで移動しようと思っても、バスの種類も多く行先がたくさんあるのできちんと調べないと目的地につけない事もあるある・・・

市川市の住みにくい点②道の舗装があまりされていない

少し田舎の方へ行くと舗装がされていない道が多く、車同士のすれ違いもギリギリな道が多い。

車の運転初心者だとかなり苦労しそう。かといって自転車は上記の観点で難しい。

結果、徒歩が一番になってしまうが、徒歩で坂を上ったり下ったりも体力的に厳しいものがある。これを良い運動を考えられればいいのだがなかなかそう思えないのが現実です。

市川市の住みにくい点③渋滞が多い

朝の通勤時間と帰宅時間は特に国道14号線や中山競馬場前等での渋滞が酷い。

電車も武蔵野線や東西線、総武線も満員電車で通勤は死にもの狂いです。

市川市の住みにくい点④ゴミの収集日

以前は週3回燃やせるゴミの収集日だったのですが、平成29年4月より週2回に減ることとなった。

缶・瓶毎週あった収集日が隔週となってしまいました。。

市川市の住みにくい点⑤保健センター

子育て支援の集まる会等は大抵市の支援センターとなりますが、こちらが本八幡と行徳にしかない。

総武線・東西線沿線の方は良いがその他の沿線の人は電車を乗り換えるかバス等で行かなければならないので少し億劫になるのが正直なところ。各沿線沿いにあると便利。

参考市川市公式Webサイト

関連記事千葉県市川市は便利でのんびりしていて住みやすい

\SNSでシェアしてね/

少しでも安く引っ越したいなら引越し業者の一括見積り比較!

以前、引越し業者の一括見積もり比較をを使った結果、大幅に安く引っ越しできました!

私の使ったのは、全国約200社から最大10社の比較を行える引越し侍ですが実績もピカイチで安心して利用できる比較サイトでした。

アリさんマーク、サカイ、ヤマト、ハート、アート、日通などの大手を比較することが可能です。

数分でかんたんに比較出来るのもおすすめなポイントです。

少しでも安く引っ越したいなら一括見積もりは必須です!


-関東地方

Copyright© 住めば都 , 2022 AllRights Reserved.